西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間に畑に出ました。もうそこは雑草だらけ。当帰は雑草に埋もれながらしっかりと成長していました。無農薬栽培は大変ですが、薬草も強くなります。

むつごろう新聞

トピックス情報

東邦大学の薬草園を歩きました。丁度、カギカズラ(釣藤鈎)の花が満開でした。釣藤鈎は脳の血流を良くしたり、血圧を下げたり、神経の興奮を冷ましたりと現代病にはもってこいです。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

痛みと漢方薬

2009年02月24日

【頭痛と漢方薬】 頭痛には、脳の病気(脳腫瘍・脳梗塞等)からくるもの、貧血からくるもの、のぼせからくるもの、片頭痛などさまざまです。漢方では、頭痛の種類よりも、その症状と体質によって薬を使い分けていきます。例えば、発作時に嘔吐し、手足が冷たくなる人は呉茱萸湯(ごしゅゆとう)を使ったり、生理前に顔が・・・

・・・続きを読む

婦人病と漢方薬

2009年02月24日

婦人病は、血の道症からきているものが多く、漢方では、血の流れを良くしていくことで、体質改善していきます。 【冷え性と漢方薬】 漢方では、冷え性の原因を大きく3つに分けます。貧血型:血液が少なくてからだが冷えます。漢方薬は、補血作用がある当帰(とうき)や地黄(じおう)等を使います。 うっ・・・

・・・続きを読む

皮膚病と漢方薬

2009年02月24日

漢方では、皮膚の病気と言っても皮膚を治すのではなく、からだの中から体質改善をして、根本から治していきます。 【アトピー性皮膚炎と漢方薬】 アトピー性皮膚炎は、からだの体質(アレルギー体質)に問題がありますので、ステロイドなどで外から炎症を抑えるだけでは根治にいたりません。漢方では、アレルギー・・・

・・・続きを読む

目の病気と漢方薬

2009年02月23日

【ものもらいと漢方薬】 漢方では、ものもらいを目のカゼと考えますので、初期では葛根湯(かっこんとう)を使います。ただ、慢性化した人は、"血毒"に原因があると考えますので、血毒を治す大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)などを使用します。 【白内障と漢方薬】 白内障の原因は、先天性、外傷性、老・・・

・・・続きを読む

耳・鼻・口の病気と漢方薬

2009年02月23日

【耳鳴りと漢方薬】 キーンという金属音、ジージーというセミの声、耳のつまり感など、耳鳴りの鳴り方はさまざまですが、漢方では、単に耳の病気としてとらえるのではなく、からだ全体の問題としてみていきます。例えば、めまいを伴う場合は、水毒病と考えたり、便秘や肩こり、頭痛を伴う場合は、血毒病と考えます。漢方・・・

・・・続きを読む

子供の病気と漢方薬

2009年02月23日

【おねしょ(夜尿症)と漢方薬】 漢方では、おねしょになる原因として、虚弱体質や精神的影響を考えます。虚弱体質には、小建中湯(しょうけんちゅうとう)という漢方薬を使います。また、精神的ストレス等があったり、神経質な子供には、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)をよく使用します。 【夜泣き・ひきつけと・・・

・・・続きを読む

成人病と漢方薬

2009年02月23日

【糖尿病と漢方薬】 漢方では、単に血糖を下げるのではなく、からだ全体のバランスを考えて薬を作ります。例えば、すい臓が弱っているときには、すい臓の働きを助けるものを 使ったり、からだの新陳代謝(糖代謝)が落ちているときには、新陳代謝を高めるものを使ったりします。また、症状によっても薬を使い分け、のど・・・

・・・続きを読む

37 / 37« 先頭...102030...3334353637