西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

暑さはいつまで続くのでしょうか。畑にいると植物の呼吸が聞こえてくるようです。暑さで短気になってきていませんか。深い呼吸を心がてることが大切です。

むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

赤ちゃんが欲しい2019秋号に・・・

2019年08月19日

あなたのためのおすすめ体質改善施設 「心に寄り添ったカウンセリングとこだわりのオーガニック漢方薬でサポート」 東京店(銀座むつみ薬局)、静岡店をご紹介を頂きました。 ・・・

・・・続きを読む

夏休みのお知らせ

2019年08月10日

静岡店、東京店(銀座むつみ薬局)共に 8月11日(日)~15日(木)   までお休みを頂きます。 緊急連絡は、メールにてお伺いいたします。 info@mutsugoro.co.jp にお電話番号を入れ、 薬剤師鈴木までメールにてご連絡下さい。 できるだけ早くご連絡いたします。 よろしくお願・・・

・・・続きを読む

信玄の健康法・・・朝の目覚めは「臍下丹田」から

2019年07月24日

             (写真は、甲府の武田神社前)  戦国時代の武将、甲斐の虎と呼ばれた武田信玄の健康法を連載していきます。徳川家康公然り、天下に名高い武将の生活は、武力とは裏腹にしっかりとした道徳に基づく生活習慣があります。そこには現代にも通じる健康法が隠されています。ぜひこれを身につけ習慣・・・

・・・続きを読む

駿府薬草園の様子

2019年07月04日

(芍薬) 雨が続きます。気持ちはどんよりしていますが、薬草たちは元気に成長しています。この暑さと湿気と水分は薬草にとっては最高なのでしょう。見ているだけで元気がもらえます。 (当帰) (牡丹) ・・・

・・・続きを読む

TBS世界遺産で・・・。

2019年06月17日

6月23日(日)18時から18時30分、放送予定のTBS「世界遺産・・中国三清山」の番組に、むつごろう薬局が販売しています「紅豆杉(こうとうすぎ)」が紹介されます。 紅豆杉第一人者信川高寛医師が、紅豆杉における抗がん作用について取材を受けました。 お時間がある方、ご興味がある方は是非ごら・・・

・・・続きを読む

漢方温腹巻が出来上がりました

2019年06月17日

私たちは、女性のための漢方生薬「当帰」を無農薬・有機で栽培して20年が経ちます。その畑の当帰の葉っぱを使って、最高級の絹糸とあわせて腹巻を作りました。 汗を吸う力、湿気を外に出す力、保湿力に優れた「漢方温腹巻」です。 詳しくは、東京店、静岡店にて予約販売しております。(限定20個サイズは、L,M・・・

・・・続きを読む

東邦大学薬学部客員講師の辞令を頂きました

2019年05月15日

学校法人 東邦大学から薬学部客員講師の辞令を頂きました。 5月、6月は漢方の講義の月です。精一杯学生に漢方の面白さをお伝えしたいと考えております。 また、生薬学教室の小池教授には多大なるご指導を頂き大変感謝しております。日本漢方のすばらしさを少しでも多くの学生に伝え、一人でも多くの学生が漢方の道・・・

・・・続きを読む

薬草園の面々

2019年04月22日

ぽかぽか暖かい日が続き、薬草園は一番賑やかになります。この写真は、牡丹です。 当帰も順調に育っています。 芍薬の蕾です。ゴールデンウィークに開花予定です。 ボタンは、今が満開です。 蒼朮(おけら)は、昨年の花((ドライフラワー状態)をまだ付けています。・・・

・・・続きを読む

畑の1日・・・薬草作り

2019年03月15日

朝の畑は大変気持ちが良いです。もう5時半過ぎでも明るくなってきています。今日午後に届く大和当帰の苗植えの準備です。          畝幅50センチで、株間を30センチと通常よりかなり狭くしました。朝の二時間の仕事では、思うように進まないのですが、焦る気持ちにはなりません。 畑は不・・・

・・・続きを読む

フジテレビの「何だコレ!?ミステリー」で・・・。

2019年03月07日

「山奥の建物に人影?長年通い続けるワケ・・・」 登場人物が山で取っていたものは、薬草の‘オウレン‘でした。もしかしてと思ったら、やはり私たちがいつも使っている「オウレン」でした。  黄連は、私の師匠である田畑隆一郎先生を主宰とした塾のグループで、かれこれ15年以上も前からずっと使用しています。市・・・

・・・続きを読む

1 / 1112345...10...最後 »