西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

漢方堆肥です。これを使って、今年は当帰の苗作りに挑戦です。とはいっても研究用に作る程度ですが。毎年奈良から届く素晴らしい当帰の苗に少しでも近づきたいと思います。


むつごろう新聞

トピックス情報

 「漢方音楽」です。作曲家であり京都精華大学教授の小松正史さんと一緒にリラックス環境音楽を作りました。静岡朝日テレビが2月13日に、テレビ静岡が2月28日(木)11時19分から「ちょっといいタイム」で取り上げてくれます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

当帰(とうき)

昔から”不妊症の妙薬”と言われています。むつごろう薬局が最も力を入れ、質にこだわっている薬草です。子宮や卵巣の血行を促進して、卵子の質の向上、受精卵の成長促進らを促します。
川きゅう(せんきゅう)

当帰と並んで、不妊症によく使います。当帰と同じように、血行を促進させる働きがあります。

芍薬(しゃくやく)

芍薬は、お腹を温め、筋肉を緩めます。不妊症の人は、お腹が硬くなっていることが多く、芍薬はそれを和らげて、妊娠しやすいお腹を作ります。

柴胡(さいこ)

現代人は、食べ過ぎとストレスで、肝臓が悲鳴をあげています。肝臓は、血液を浄化する臓器ですが、肝臓が疲れてくると、血液が汚れて不妊症の原因になります。柴胡は、肝臓の解毒を助けます。

toukinekko

当帰(とうき)の根っこです。当帰には血行促進作用があるため、収穫時には、軍手をしていても手がポカポカしてきます。