後鼻漏(蓄膿症)と漢方薬

40歳の男性。3年前に風邪をひいて以来蓄膿症になったといいます。症状は、鼻がつまった感じで、鼻水がのどにまわるといいます。抗生物質や漢方薬(粉薬)を服用したそうですが改善がみられず、ご相談にみえられました。

体質は、肩こり、首のこりが強く、鼻の周りや頬を押すと痛むといいます。また、大食漢のほうで、便秘にもなりやすいといいます。

漢方薬の葛根湯加川芎辛夷(別包で大黄)煎じ薬を調合。1か月後、鼻の通りが改善し始め、鼻水がのどにまわるのも半減しているといいます。また、肩こり首のこりが改善してきたといいます。さらに同処方を継続し、約半年間の服用で完治しました。

« »