陽子線治療中の火傷と漢方薬(68歳男性)

68歳の男性。直腸癌を患い、陽子線治療をしたが、お尻が火傷のようにただれ、痛くてつらいとご相談にみえられました。患部は赤くただれています。

漢方薬の黄連解毒丸と自家製軟膏紫雲膏(自家栽培当帰使用)を毎日数回ぬってもらいました。1週間後来局、痛みはやわらいでいるといいます。その後、患部は日に日に改善され、半年がたったころ、跡も残らずきれいに完治しました。

« »