リウマチと漢方薬(58歳の女性)

58歳の女性。55歳の時に、両手首の関節が腫れて痛み、リウマチと診断され、ステロイド等の薬を服用し始めたといいます。

漢方では、リウマチを、単に炎症疾患と考え、痛みや炎症を抑えるのではなく、「身体の中に溜まった”毒”がリウマチを起こしている」と考えます。漢方薬は、この体内に溜まった”毒”を排泄させていくことで、リウマチを完治させていきます。今回の女性の場合も、肉食、コーヒー、菓子類(砂糖)を好む傾向があり、これらが”水毒”や”血毒”といった体質を作ってリウマチが発症したと考えました。そこで漢方薬は、水毒を除き身体を温める煎じ薬の桂枝加苓朮ブ湯と、血毒を除く桂枝茯苓丸を調合し、コーヒーを紅茶に、肉を魚に、砂糖を控えてもらうようにしました。漢方薬を服用後、3ヶ月が経った頃より腫れと痛みが引き始め、1年が経った頃にはほぼ完治いたしました。

« »