乾燥肌と漢方薬(20歳女性)

20歳の女性。高校生の頃より肌が乾燥するようになり、毎年冬になると、肌がガサガサになり悩んでいるといいます。

体質は、冷え性で寒がり、顔もカサカサして粉をふいています。足のすねは、痒くて掻き傷があります。肩こり、頭痛、大便2日に1回。

漢方薬の薏苡仁湯(煎じ薬)を調合。飲み始めていくと、身体がポカポカしてきたといいます。1ヵ月後、乾燥が良くなってきたといいます。さらに1ヵ月後、粉をふくことがなくなり、肌がしっとりしてきたといいます。それから約1年間続け、冬を迎えましたが、以前のように乾燥することがなく過ごせているといいます。

« »