膝の痛みと漢方薬(42歳女性)

42歳の女性。1年前より、膝に水が溜まるようになり、痛みを覚えるようになったといいます。病院で水を抜くと、痛みは一時的に和らぐようですが、またすぐに水がたまってくると言います。

体格は、身長154cm体重48kg で、汗をかきやすく、寝汗もよく出るといいます。また、足首やすねの辺りが冷えやすいといいます。

漢方薬の桂枝加黄耆湯(煎じ薬)を処方。飲み始めると、お小水が非常によく出て、むくみが取れ、ひざの水もたまらなくなってきたといいます。その後も継続していくと、寝汗や汗っかきも減り、ひざの痛みもなくなりました。約半年間の服用で完治しました。

« »