小児の水いぼと漢方薬(8歳女児)

8歳の女児。3~4ヶ月前に水いぼが見つかり、自然に放置していたそうですが、治らず、少しずつ増えてきたので、漢方薬を試してみたいとご相談に見えられました。

体質は、汗をかきやすく、アレルギー性鼻炎があります。また、鼻炎のときには、水っ鼻がたくさん出るといいます。甘い物、果物が好きだそうです。

漢方では、水いぼができやすい体質を”水毒(すいどく)”と考えます。このお子さんの場合、水っ鼻の鼻炎もあり、身体に余分な水がたまっている水毒体質と考えられ、そのために水いぼがなかなか治らないと考えられました。漢方薬は、余分な水を排出させるものを調合いたしました。服用後、しばらくの間、お小水がたくさん出て、その後、水いぼは徐々につぶれていったといいます。1ヶ月の服用で、完治しました。

« »