アトピー性皮膚炎と漢方薬(20歳女性)

20歳の女性。子供の頃からアトピー性皮膚炎があり、ステロイド軟膏をずっと塗っていたといいます。2~3年前から、ステロイド軟膏は良くないというのを知り、塗るのを止めたそうですが、アトピーはひどく、痒みもひどいため、漢方薬を試したい御相談に見えられました。

アトピーは、顔、首、背中、肘の内側、膝の裏、腕、太ももに出ています。ひどいとジュクジュク汁が出ることもあるといいます。

漢方薬は、痒みを抑えるのではなく、”アトピーの原因となっている体内の毒を排出させることで治します”ということをお伝えし、薬を調合いたしました。飲み始めると、案の定アトピーはひどく出て、顔から汁があふれるようになりました。初めはつらいですが、3ヶ月くらいは辛抱してくださいとお伝えしました。初めは痒みと汁が大変でしたが、3ヶ月目くらいから徐々に出る量が減ってきました。その後は順調に回復し、1年間飲み続けた頃には、痒みや汁は全く出なくなりました。それからは自家製の軟膏で乾燥した肌を保護し、ケアされています。

« »