手足のしびれ・不眠と漢方薬

49歳の女性。40歳を過ぎた頃より、手足にしびれを感じるようになり、病院でMRI検査などもしたが、どこにも異常は無かったという。また、同じ時期より、夜、眠れなくなってきたと言う。不安感もある。ただ、睡眠薬を服用したくないので、漢方薬で治らないかとご相談に見えられた。

顔色は、赤くのぼせていて、便秘がある。血圧は140~160㎜Hg/80~90mmHgでやや高い。

漢方薬の黄連解毒湯、応鐘散を処方。飲み始めて2週間後、大便が毎日出て、夜がぐっすり眠れるようになったと言う。また、不安感も減っていると言う。その後も、同処方を服用し、3ヶ月が経った頃より手足のしびれも無くなってきた。また、血圧も下がり、体調が良いといい、現在も服用されている。

« »