顔面痙攣と漢方薬

32歳の女性。3ヶ月前より、右のほおが引きつり、ピクピクと痙攣し始めたと言う。病院で検査をした結果、脳には異常が無く、リボトリールという薬を出され飲んでいたが、妊娠も考えているため、漢方薬で治したいと来局された。

顔色は青白く、肩こり、冷え性、疲労感、歯ぎしりがある。半年前から職場でのストレスが溜まっており、夜も眠りが浅いという。

漢方薬の抑肝散加蔯皮半夏と芍薬甘草湯を処方。飲み始めて1ヵ月後、顔面の痙攣が少し和らいでいると言う。また、夜もよく眠れるようになったとのこと。さらに1ヵ月後、痙攣はほぼおさまり、以前より疲れにくくなって非常に体調が良いという。その後、約半年間服用し、現在は再発はみられていない。

« »