子供の爪噛みと漢方薬(6歳女児)

6歳の女の子。1年前より爪を噛むようになったといいます。

体質は、イライラしやすくて落ち着きが無く、歯ぎしりをするとのこと。

漢方薬の抑肝散加蔯皮半夏を処方。1ヵ月後、爪を噛むのが減ってきて、少し落ち着きがでてきたといいます。さらに1ヵ月後、爪を噛むのが半減し、歯ぎしりをしなくなったいいます。それから次第に爪噛みが減っていき、半年ほどが経った頃にはほぼしなくなったとのこと。その後は漢方薬を飲むのを止められましたが、再発はしていないといいます。

« »