糖尿病と漢方薬(57歳男性:身長170cm体重58kg)

5年目に十二指腸潰瘍を患ってからその後、血糖値が上がり始め、現在はHbA1Cが9.1% あり、インシュリンを勧められたが、その前に漢方薬でなんとかならないかと来局された。

体質は、のどの渇きあり、夜間頻尿(4~5回/日)、足の冷え・しびれ感、腰痛、疲れやすい、太れないなど、糖尿病体質である。以前は、アルコールも飲んだが現在は止めており、食事は気をつけているという。

漢方薬の八味地黄丸料(煎じ薬)を処方。1ヶ月飲むと、夜間尿が2~3回に減り、のどの渇きも軽減。さらに1ヵ月後、 HbA1Cが8.8%に下がり、疲れにくくなったと喜ばれる。さらに3ヵ月後の検査でHbA1Cが7.6%まで下がり、体重も60kg になり、体力が出てきたという(夜間尿もなくなる)。その後、HbA1Cは徐々に下がり、漢方薬を飲み始めて1年半後の検査で6.0%になり、その後も漢方薬を継続しているが、HbA1Cは安定している。

« »