膝の痛みと漢方薬(52歳女性:身長161cm体重73kg)

3年前より、膝の痛みを感じるようになった。両膝とも痛いが、左足のほうが特に痛む。ひどいと水が溜まり、病院で抜いてもらう。健康食品を飲んだり、ヒアルロン酸の注射をしてみたが、なかなか改善されないため、漢方薬を試してみようと御来局された。

体質は、冷え性で寒がり、疲れやすい。また、夏場は汗をかきやすく、少し動いただけでも顔からしたたるという。小水は4~5回/日、大便は1回/日。甘い物をよく食べると言う。花粉症あり。足を見せてもらうと、膝の辺りがかなりむくんでおり、ぶよぶよとした感じがある。また、太い静脈瘤ができていた。

漢方薬の防已黄耆湯合当帰四逆湯を処方。飲み始めて1ヵ月後に来局されると、お小水がよく出るようになり、膝の痛みが少し和らいでいるという。また、足が温まっているとのこと。そのまま継続してもらうと、次第に痛みはとれていき、約1年後には、痛みはほぼ無くなった。また、体重が4kgほど落ちたと喜んでおられた。

この方の場合、平素から甘い物を好み、お饅頭や菓子パン、ミカンなどを毎日のように食べておられたため、身体に余分な水分が溜まってしまい、体重も増え、膝にかなりの負担が来ていた。防已黄耆湯は、余分な水を除き、当帰四逆湯は膝を温めていくことで、次第に痛みが和らぎ、おまけに体重まで落ち、膝の負担が減ったと考えられる。この方には、漢方薬を飲むと同時に、甘い物の摂り過ぎも控えてもらった。

« »