のどのつまりと漢方薬

33歳女性 身長154cm 体重50kg 

1年前よりのどのつまりを感じる。病院でみてもらったがどこも異常はない。性格はまじめで内向的。時々眠れないことがあり気分が落ち込みやすい。不安感は強い。

漢方ではのどのつまりを咽中炙臠(いんちゅうしゃらん)と呼んでいる。これは、気分の停滞やうっ積が、水毒(水の停滞)を連なって、のどに”痞(つか)え”という形で現れている。神経質で内向的な人に起こりやすい。漢方では、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)という薬をよく使う。この方にもこの薬をお出しし、約3ヶ月でつまり感は完全に無くなった。中には息ができなくなるほど苦しむ人もいる。

« »