西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。

むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

2019年10月07日

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。・・・

・・・続きを読む

2019年08月19日

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポ・・・

・・・続きを読む

2019年07月19日

ボタンの種が顔を出しました。採るのが早すぎたので、まだ茶色です。これから黒くなり房から飛び出てきます。・・・

・・・続きを読む

2019年07月03日

東邦大学の薬草園を歩きました。丁度、カギカズラ(釣藤鈎)の花が満開でした。釣藤鈎は脳の血流を良くしたり、血圧を下げたり、神経の興奮を冷ましたりと現代病にはもってこいです。・・・

・・・続きを読む

2019年06月01日

今年最後の駿府城外堀薬草園の芍薬の花です。静岡では牡丹の後に芍薬が咲きます。これから夏に向けて根っこが成長していきます。一年後をお楽しみに。・・・

・・・続きを読む

2019年05月01日

令和に咲く芍薬の花・・・ゴールデンウィークの咲く芍薬の花はとても奥ゆかしさがあります。駿府外堀の公園に咲いています。ご興味がある方は見に来てください。 ・・・

・・・続きを読む

2019年04月18日

毎年、東邦大学薬学部小池教授から、ぼたんを頂きます。この牡丹は7-8年物になりますが、毎年色鮮やかな花を咲かせます。とても良い香りで店先が包まれます。・・・

・・・続きを読む

ボタンと桜

2019年04月03日

少し気温が低い日が続きます。桜の花も少し寒そうですが、その下で元気よく花開く薬草があります。牡丹の花です。牡丹は、血流をよくする漢方薬で婦人科によく使います。・・・

・・・続きを読む

当帰の苗が奈良からやってきました

2019年03月15日

当帰の苗が奈良からやってきました。苗植えが始まります。今年の当帰は例年より二週間は早い到着です。全長20㎝、私は未だにこんな素晴らしい苗は作ることができません。漢方堆肥の畑に植えるのは楽しみです。・・・

・・・続きを読む

1 / 912345...最後 »