西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

この時期、黄金の薬草がそびえ立ちます。これは、おけら(蒼朮)です。春が来るまで枯れても堂々と立っています。この強さが人間の体の胃腸や、水毒を救います。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

頑固な水虫と漢方薬(33歳男性:身長172cm体重79kg)

2012年06月05日

2年前より、水疱性の水虫になった。初めは足の土踏まずにでき、その後外側の縁などに広がり、塗り薬をいろいろ塗ったがすぐに再発し、漢方で治らないかとご相談にいらっしゃった。

患部はブツブツと水疱ができ、赤く炎症して痒みもひどいという。体質は、汗っかきで足の裏にも汗をよくかくが、冬は足が冷えるという。食事を聞くと、肉料理やラーメンを好み、甘い物も良く食べるという。

漢方薬の大柴胡湯と桃核承気湯を処方。外側から紫雲膏を塗ってもらうことにして、脂っこいものと肉料理、甘い物を出来るだけ控えるようにお伝えした。1ヵ月後、大便が良く出て、体重が2kg 落ち、水虫もいくらか減っている気がするという。その後も同処方を継続。約1年で根治して、その後も再発は見られていない。