西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

頑固な咳と漢方薬(30歳男性)

2013年10月09日

30歳の男性。1年前より、咳が続いていると言います。病院で咳止めや風邪薬などをもらって飲んだが効果がないとのこと。咳は、乾燥したような咳で、痰はほとんど出ず、のどの痛みはなく、熱や鼻水も出ないと言います。

体格は、身長170cm体重75kgで、肩こりがあり、咳のし過ぎで胸が痛い時や眠れなくなることがあると言います。

漢方薬の柴陥湯(煎じ薬)を処方。のみはじめて1ヵ月後、咳は半減したと言います。さらに服用して1ヵ月後には咳はほぼなくなり、その後は再発していないとのことです。