西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今年の「おけら(蒼朮)」の花も終わりました。寒い冬は、かれながらも新芽が出る春までこの体勢で立ち続けます。蒼朮は胃によく働きます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

関節リウマチと漢方薬(50歳女性:身長161cm体重55kg)

2012年05月26日

3年前に右手中指の関節が腫れて痛むようになり、病院でリウマチと診断され、リマチルという薬を処方されたが、副作用と思われる湿疹が出るようになったため、漢方薬で治したいと来局された。

痛い場所は、手の指と両手首の関節。見た目も腫れて、熱を帯びている。体質は、冷え性、肩こり、目が疲れやすい。大便はやや便秘気味で、ストレスで胃痛が起こることがある。毎晩、晩酌でビール350mlを2本飲んでいる。

漢方薬の桂枝加苓朮附湯と桂枝茯苓丸を処方。ビールを控えて、晩酌の際はお湯割りか熱燗を飲んでもらうようにした。1ヵ月後、小水が良く出るようになって身体が温まっているという。さらに1ヶ月後、次第に痛みが軽減。半年後には、腫れも引いて、見た目にも分からなくなってきた。それからも服用されているが、再発は見られていない。