西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

畑の薬草たちは順調に育っています。二年目の当帰は花を咲かせています。根がやせてしまいますが種の収穫用です。熱くなる日が多くなるので専ら仕事は朝と夕方になります。


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

間質性肺炎・・・75歳男性

2020年04月16日

 1年前に左肺上部がレントゲンにて白いことがわかり、病院の検査で間質性肺炎と診断された。咳、くしゃみ、息苦しさがひどい。間質性肺炎の検査値であるKL-6は500以下で正常であるが、SP-Dの数値が110以上ある。煎じ薬の桂枝加厚朴杏仁湯(桂皮はベトナムNo1、厚朴は唐厚朴、自家製芍薬、甘草は東北甘草使用)を服用後、30日突発的な咳が強くなり、くしゃみもひどくなった。また、動くと息切れがある。同処方4か月後咳、くしゃみ、息苦しさはほとんど解消。SP-Dは200近くまで上がる。同処方で6か月後SP-Dが下がり始めて正常値までもう少しまで来ている。
自覚症状は、引き続きなく生活は安定している。