西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

日曜日の朝は畑でゆっくり過ごします。身体の疲れが洗い流される感じです。畑はとても静かで鶯が鳴いています、当帰も順調に育っています。


むつごろう新聞

トピックス情報

毎年、東邦大学薬学部小池教授から、ぼたんを頂きます。この牡丹は7-8年物になりますが、毎年色鮮やかな花を咲かせます。とても良い香りで店先が包まれます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

腎臓透析中の皮膚のかゆみと漢方薬…73歳の男性

2016年06月02日

 腎臓透析をし始めてから、皮膚のかゆみに悩まされているといいます。病院でステロイド剤の軟膏をもらいつけてみたようですが、かゆみは収まらず、漢方のご相談に見えられました。体質は、顔色黒く、かゆみの場所は赤く炎症を起こしています。やや便秘気味で、夜も眠りが浅いといいます。

  漢方薬の黄連解毒湯と八味丸を調合。飲み始めて1か月後、大便も出がよくなり、かゆみが少しだけ良いといいます。さらに漢方薬を継続、半年が経ったころからかゆみが減り始め、その後徐々に軽くなっていきました。その後も漢方薬を継続中で、ひどくかゆくなることはないといいます。