西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

漢方堆肥です。これを使って、今年は当帰の苗作りに挑戦です。とはいっても研究用に作る程度ですが。毎年奈良から届く素晴らしい当帰の苗に少しでも近づきたいと思います。


むつごろう新聞

トピックス情報

 「漢方音楽」です。作曲家であり京都精華大学教授の小松正史さんと一緒にリラックス環境音楽を作りました。静岡朝日テレビが2月13日に、テレビ静岡が2月28日(木)11時19分から「ちょっといいタイム」で取り上げてくれます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

腎臓の病気と漢方薬

2009年02月24日

【急性・慢性腎炎と漢方薬】
漢方では、急性・慢性で薬を使い分けることはせず、症状と体質によって薬を使い分けていきます。例えば、疲れやすくて頭に汗をかきやすく、動悸がする人に は、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、口が渇いて、夜間に小便が近い人には八味丸(はちみがん)、小便があまり出ず、むくみがひどい人には
五苓散(ごれいさん)を使用します。

【ネフローゼと漢方薬】
漢方では、腎炎もネフローゼも特に区別せず、症状と体質によって薬を使い分けていきます。例えば、蛋白尿があり、むくみがひどく、お腹がはって便秘気味な 人には茵ちんこう湯(いんちんこうとう)、脇腹が張って、口の中が苦く、吐き気がある人には小柴胡湯(しょうさいことう)を使用します。

【腎・尿路結石と漢方薬】
尿路結石には、腎臓結石、尿管結石、膀胱結石などがありますが、漢方では、症状と体質によって薬を使い分けていきます。例えば、口の渇き、血尿がある人は猪苓湯(ちょれいとう)、痛みが激しく、腹痛をともなう人には芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)を使用します。

【腎盂炎と漢方薬】
腎盂炎は、腎盂に細菌が感染して起こる病気ですが、漢方では、症状と体質によって薬を使い分けていきます。例えば、残尿感があって、排尿痛がある人は、猪 苓湯(ちょれいとう)、腎臓部に痛みがあって、吐き気、口の中の苦味がある人は、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)を使用します。

【膀胱炎と漢方薬】
膀胱炎は、膀胱の細菌感染によって起こる病気ですが、漢方では症状と体質によって薬を使い分けていきます。例えば、例えば、口が渇いて、排尿痛、残尿感が強い人には、猪苓湯(ちょれいとう)、冷え性で疲れやすく、動悸がする人には眞武湯(しんぶとう)を使用します。