西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今日の静岡は気温が下がり少し秋の気配が致します。畑の当帰はまだまだこれからも成長していきます。温暖化の影響か、今年も地上部が黄色くなるのは年を越しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

手足の冷えと不眠不安

2019年08月19日

25歳の女性 

手足の冷えと不眠不安が強いとで、近隣の先生からご紹介されご来店されました。 

生理不順 立ちくらみ 排卵直前から生理前の鼠径部の腫れ がありました。また、人に気を使う性格で気が沈みやすい、音など外からの刺激に敏感でした。手足に汗をかきやすくその汗で冷えてしまい、いつもなんとなくだるく、低血圧傾向で、首凝りから来る頭痛あり、めまい、立ちくらみ、乗り物酔い、目の痙攣があり、不眠頸項で寝付きと熟睡ができません。めまい立ちくらみもひどいことから、脳髄液減少症を尋ねたら、以前に治療をされていた。ここ数年若い女性からの同じような相談が増えています。今までの生活上のストレスも多い方で、張り詰めた状態が続いていました。気持ちを落ち着かそうと甘いものの量が増えていました。お腹の冷えをとる漢方の小建中湯で1ヶ月、手足の冷えがとてもよくなり、肩の力が抜けて頭痛も起きていません。生理痛も改善され生理前の鼠径部の腫れも良くなりました。不眠不安は、半分よくなりました。