西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

息苦しさ、不整脈と漢方薬

2013年02月04日

81歳の女性。3~4年前より、動悸、息苦しさを感じるようになったとのこと。夜、突然立ち上がったりしたときなどに息苦しくなることがあるという。病院で不整脈と言われ、発作時にサンリズムという薬を飲んでいたが、最近少し頻繁になり、不安になったため、漢方薬で何かいいのはないかとご来局された。

性格は心配性。胃腸は丈夫で血圧も時々上がるが普段は最高120~140/最低60~80と特に問題は無い。

漢方薬の炙甘草湯と牛黄を処方。飲み始めると、息苦しくなる頻度が減っていき、3ヶ月の服用でほぼ改善され、現在も服用されているがたまに起こる程度で良好だという。