西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間に畑に出ました。もうそこは雑草だらけ。当帰は雑草に埋もれながらしっかりと成長していました。無農薬栽培は大変ですが、薬草も強くなります。


むつごろう新聞

トピックス情報

東邦大学の薬草園を歩きました。丁度、カギカズラ(釣藤鈎)の花が満開でした。釣藤鈎は脳の血流を良くしたり、血圧を下げたり、神経の興奮を冷ましたりと現代病にはもってこいです。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

多汗症と漢方薬(30歳男性:身長174cm体重71kg)

2012年07月24日

以前より汗っかきであったが、2年前より異常なほど汗が出るようになった。汗の出やすい場所は、特に顔や首の周りで、その他も手の平や足の裏などもかき、身体全体から出る。暑がりだが、冬場は足が冷える。

体質は、体力はあり、食欲が旺盛。顔色は赤黒く、時々吹き出物が出る。身体を少し動かしたり、ラーメンなどを食べると、すぐに顔から汗が吹き出るという。大便は時々便秘になるがほぼ毎日あり、小便は近い。

漢方薬の柴胡桂枝湯と桃核承気湯を処方。肉食とこってりした物を少し控えてもらうことにした。飲み始めると、大便が柔らかくなり、たくさん出るようになったという。飲み始めて2ヶ月がたった頃より汗の出る量が減り始め、半年後には普通にかく程度に軽減。昔ほど体も暑くならないという。また、手の平や足の裏の汗も、ひどくかかなくなったという。