西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

副鼻腔炎を繰り返す・・・38歳女性

2019年02月15日

3年前から風邪を引くたびに副鼻腔炎を繰り返す。鼻水がのどに落ちて咳がよく出る。鼻柱湾曲も手伝って鼻詰まりがひどくのどの痛みがひどい。臭いも感じにくい。病院では抗生物質が出されるが、だんだん効かなくなってきている。

症状は、風邪を引きやすく、喘息気味で皮膚炎が起こりやすくアトピー体質である。婦人科もあまり強くなく、子宮筋腫がある。黄耆建中湯と腎気丸を服用すること10日症状は劇的に改善。

 14日後はのどの痛みがほとんどなくなった。カルボシステインも漢方と同時にやめている。

 その1年後に別なご相談でご来店。漢方薬服用2か月後からは、体調が良いのが続き、一度も病院に行っていないとのことでした。