西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

暑さはいつまで続くのでしょうか。畑にいると植物の呼吸が聞こえてくるようです。暑さで短気になってきていませんか。深い呼吸を心がてることが大切です。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

不正出血(月に20日間出血)・・・23歳 女性 

2019年07月24日

 

【体質】中肉中背ややぽっちゃり型、とても明るく楽天的な性格、いつも笑顔でご来店、熱がりで寒がり、足が冷えるがお風呂は長湯ができない、顔はのぼせ易い、口唇乾燥あり、疲れやすさと全身のむくみは貧血が原因で、寝付きが悪く冬でも脇の下に汗をかきやすい、大便2日に1行、小便日に4行と少ない、肩こりは、首肩前後左右コチコチで偏頭痛持ちで鼻血を出しやすい、腰痛有り、皮膚は弱くかぶれ易く、にきびが出来やすい、血圧正常、生理痛は激しく、帯下が多い、嗜好品は甘いもの、果物、野菜、魚中心、睡眠時間は8時間、運動なし、舌は微白苔で水滞ややあり、2ヶ月前にピルを中止。

【経過】手掌煩熱は無いが、下利(経血が止まらない)、上熱下寒、唇口乾燥、帯下より、温経湯服用で体温が上がるが出血変わらず。出血の要薬「阿膠・艾葉」、脱血の要薬「地黄・阿膠」を含む芎帰膠艾湯に変えること7日後3回吐いてしまい温経湯に戻す。その後出血は10日となり、にきびが良い。3ヶ月後ヘモグロビン値が10となり、立ちくらみ、動悸が激しく病院よりフェロミア錠を日に2錠服用、ヘモグロビン値が13となるがまた出血が酷くなった。芎帰膠艾湯を服用できるようになり、多少出血が収まる。その後ヘモグロビンが少しずつ下がり始め、再びフェロミア錠でその値が上がると出血が長引く。それを繰り返すこと4ヶ月、桂枝茯苓丸20丸を日に3回服用後出血がその日のうちに止まった。その後生理は長くて10日と劇的に改善され、疲れ、にきび、ふらつき、偏頭痛も改善された。7ヶ月間順調。