西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

不安感(気分の落ち込み)と漢方薬(48歳女性:身長158cm体重53kg)

2011年03月19日

3ヶ月前に家でトラブルがあり、それ以来、不安感と気分の落ち込みが激しい。ひどいときは、人と会うのも面倒になる。また、夜は眠りが浅く、すぐに目が覚める。軽い安定剤を飲むこともある。食欲は低下気味で体重も5kg ほど落ちた。体格は、しっかりされているが、ささないなことが気になり、くよくよ考えやすい。

漢方薬は、柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)を処方。飲みはじめて1ヶ月が経った頃から、わりとよく眠れるようになり、気分が少し楽になる。さらに3ヶ月飲んだ頃には、不安感や落ち込みがかなり減り、現在も継続して服用されている。