西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

日照時間が短いことが作物に影響しているようですが、当帰はむしろそれを喜んでいるように成長しています。当帰が「陰性のお血」の理由でしょうか。当帰はよく体を温めます。


むつごろう新聞

トピックス情報

ボタンの種が顔を出しました。採るのが早すぎたので、まだ茶色です。これから黒くなり房から飛び出てきます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

アレルギー性鼻炎と漢方薬(8歳男児)

2014年02月05日

8歳の男児。幼稚園の頃よりアレルギー性鼻炎に悩まされており、抗アレルギー剤を服用してきたと言います。ただ、症状を抑えるだけで完治せず、薬をずっと飲ませ続けることにも不安があり、漢方のご相談に見えられました。

症状は、いつも鼻がグジュグジュとして鼻水がしたたり、鼻づまりもあります。冷たいジュース、牛乳、夏はアイスクリームもよく食べるといいます。

まず初めに、冷たいジュース、アイスクリームを極力控えてもらい、牛乳はなるべく温めて飲むようにお伝えし、漢方薬を調合いたしました。服用1ヵ月後、鼻水は半減し、鼻の通りも良くなってきたと言います。その後は、服用と共に症状が徐々に改善され、服用約1年でほぼ完治いたしました。現在は、症状がひどくなった時だけ服用されています。