西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

じんましん・・・23歳の女性

2018年07月25日

1年前からのじんましん。2日に1度、かゆみ止めを服用中。痒くて痒くてたまらない。アトピー性皮膚炎も出てきている。食べ物の影響はなく、気温が上がるとかゆみがひどくなる場所は、手足のものが接触するところ。ひどいときはアイスのんで冷やしている。舌は白い苔がある。症状は肩こりぐらいで他はない。

自家製漢方煎じ薬の当帰四逆加呉茱萸生姜湯を1か月服用で、ほとんどでなくなった。

その後4か月で服用中止、現在1年間出ていない。