西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

秋も深まり、落ち葉が薬草当帰を包んでいます。まだまだ葉が黄色くならずに頑張っています。当帰の健康茶が発売されました。詳しくはお店でお聞きください。

むつごろう新聞

トピックス情報

NHK BSプレミヤム「偉人たちの健康診断(マガジン社)」が本になりました。P36からの徳川家康公のコーナーにて健康専門家としてご紹介を頂きました。

2020年1月9日、20時からの番組にも出演依頼を受けましたので、重ねてご覧ください。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

東邦大学「漢方フォーラム」

2008年08月27日

平成5年、東邦大学の「漢方フォーラム」におきまして『不妊症に対する漢方薬』と題し、当社代表取締役 鈴木寛彦が講演を行いました。その時の講演の内容をご紹介させていただきます。 はじめに。 むつごろう薬局では、静岡県内において、富士山を望む東部地区、南アルプスを一望する中部地・・・

・・・続きを読む

Natureへの挑戦

2008年08月27日

近年では、東洋医学・漢方薬に対する認知が社会的に拡がりをみせています。しかしながら、まだまだ漢方薬というと「神秘の力」と称されたり、一種のオカルト的なイメージを持たれている方が少なくないのが現状です。 私たちは、漢方薬が西洋医学で処方される薬品と並んで、症状に応じて上手に使・・・

・・・続きを読む

第4回中国研修

2008年08月27日

2002年9月20~26日まで中国は奥の奥、内モンゴルとの境にある銀川(ぎんせん)という町に研修に行って来ました。 そこで漢方の原料となる甘草(かんぞう)と麻黄(まおう)を見学しました。甘草は多くの漢方の中に含まれ、その甘さがしょ糖の150倍であることからその名前がつきまし・・・

・・・続きを読む

第3回中国研修

2008年08月27日

2001年5月3~6日の中国研修を終えて 今回、私達は北京から南へ300kmほど下った町、安国(あんこく)に研修に行ってまいりました。安国とは、安心する国という意味で、中国で最も農作物の穫れる所からつけられたそうです。 私達が安国に行くことになったのは、ここは農作物だ・・・

・・・続きを読む

5月12日(月)「漢方で健康な身体に」の講演

2008年05月19日

漢方で健康な身体に 薬剤師兼百姓 白井憲太郎 この講演は、「未来の子供の為にあなたができること・・・」を大きなテーマに、今、女性の身体に何が・・・冷え性・生理不順・不妊症・流産癖などの体質を改善するには?そして、アトピー性皮膚炎・喘息・花粉症などのアレルギー体質を改善す・・・

・・・続きを読む

4 / 41234