西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間を縫って、畑に出かけました。この時期気を抜くととんでもないことになります。無農薬栽培の大変な時期が始まっています。(写真は当帰の花)


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

赤ちゃんを考えて4年・・・AMH 0.2からの妊娠

2020年02月03日

34歳の女性

タイミング法で6回、なるべく高度医療は考えたくないとの希望でご来店されました。

ご主人様のフーナーテストの結果は悪く、抗精子抗体は正常でした。卵子の成長が早く排卵が平均して11日。

精神的に考えすぎてしまう性格で、不安感気持ちの不安定感がいつもありました。また、頭痛がひどく、円形脱毛症の経験があることから、自家製煎じ薬桂枝加龍骨牡蛎湯を服用していただきました。気持ちは少し楽になったものの排卵はやはり早く、加えて自家製当帰芍薬散を寝る前に服用いただき、不眠は改善されるもまだ妊娠に至りません。

半年が経ち、おなかの緊張と胃腸の調子が良くないこと、おなかのガスがひどいこと、激しい生理痛を考えて、自家製煎じ薬の当帰建中湯を服用いただきました。とても胃腸の調子が良くなり、生理痛も軽減したその翌月に無事妊娠されました。