西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

生理不順と不妊症・・・36才女性

2018年02月01日

身長160㎝、体重43Kg。生理が昨年夏から来ていない。ホルモン剤を半年服用していたが薬を止めると来なくなる。気持ちは不安定で人によく気を使う性格。手足が冷えて便秘があり、耳鳴りも多い。お腹にガスがたまりやすく、げっぷも多い。掌は火照り、オリモノも多い。病院から温経湯の顆粒を服用していたがあまり変化がない。

 「証」を見てみても確かに温経湯は間違いなく、そのことをお客様にお伝えしたうえで、煎じ薬で、温経湯(アキョウは驢馬のものを使用)を出させていただいた。服用後2ヶ月で生理が整い、半年後にご妊娠された。

漢方薬は、1に「証」を合わせること、2に良い生薬を使うこと。

私たちの漢方の師匠田畑隆一郎先生がいつも言っています。今回の症例の方は当にそうでした。