西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

日照時間が短いことが作物に影響しているようですが、当帰はむしろそれを喜んでいるように成長しています。当帰が「陰性のお血」の理由でしょうか。当帰はよく体を温めます。


むつごろう新聞

トピックス情報

ボタンの種が顔を出しました。採るのが早すぎたので、まだ茶色です。これから黒くなり房から飛び出てきます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

子宮腺筋症をのりこえて・・・34歳女性

2018年08月22日

 子供を考えて2年半タイミング、人工授精と進みなかなか子宝に恵まれない。大変元気な方で通じも1日1回よく出る。肩こり首筋の凝りがありお腹にガスがたまる。運動のやりすぎが腰の痛みがある。生理痛は激しく、痛み止めは欠かせない。帯下は多い。

 陽性お血の代表漢方薬、桂枝茯苓丸煎じ薬で2か月、手足の冷え、生理痛は改善されてきた。帯下は変わらず。掌のほてり、唇の渇きお腹のガスを目標に、温経湯煎じ薬1か月で無事ご妊娠された。