西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今年の「おけら(蒼朮)」の花も終わりました。寒い冬は、かれながらも新芽が出る春までこの体勢で立ち続けます。蒼朮は胃によく働きます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

子供を考えて3年・・・33歳女性 

2019年04月18日

付随症状: 子宮筋腫 子宮腺筋症 左卵巣嚢腫(チョコレート)低体温症(35℃)

体質: 肥満型、不安感、人に気を使う、顔色は色白、足の冷え、手のひらがほてる、のぼせ、疲れやすい、足のむくみ、低血圧、大便1日1回、立ちくらみ、唇の乾燥、胃もたれ、腹痛、手あれ、帯下あり、生理順調、性交出血、運動は特になし

舌診:湿潤やや微白苔、舌深静脈軽度

既往歴: アトピー性皮膚炎

経過

温経湯を30日服用後経血の量が増え、のぼせ、口唇乾燥が改善、足が温まり、帯下と性交出血が減る。同薬方服用後4ヶ月自然妊娠。その後前置胎盤と診断される。頸管が短くなり自宅安静35週で出産(頸管無力症。産後の疲れ、動悸、血圧上昇(最高が160mm/Hg)寝汗がひどく帰耆建中湯に変更。産後9ヶ月が経ち血圧、動悸が安定。

その後生理が4回来て、そろそろ第2子の準備に入る。口唇乾燥、陰部のかゆみ、少腹が冷える。再び温経湯服用。この時期授乳は昼、寝る前、夜中2回。その後4ヶ月、授乳中で自然妊娠。無事第2子ご出産。