西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の大きな房です。このサイズは今まで見たことがありません。この牡丹は薬草専門の奈良から来ました。中は真っ黒な種が入っています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

妊活歴5年、少し細身の30歳の女性

2016年11月17日

 人に気を使い考えすぎる傾向にある。手足は冷え疲れやすい。立ちくらみがあり、目も疲れやすい。お腹がチャポチャポなることが多い。食欲がなく夏に疲れやすい。子宮内膜症がある。

煎じ薬の人参湯と、当帰芍薬散を服用いただくこと3ヶ月自然妊娠されたが流産となり、その後6ヶ月、同処方でご妊娠。出産まで何の問題もなくご出産。現在も母子共に元気である。