西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

牡丹の房が割れて、種がもう少しで落下しそうです。はじめは白く後に茶色に、最後は黒くなっていきます。自然はいつも変化しているので面白い。畑は雑草引きに追われています。


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

今月のおめでた(42歳女性:身長161cm体重48kg)

2011年01月15日

38歳で結婚し、1年自然で様子を見たが妊娠できず病院へ受診。夫婦とも特に問題はなく、年齢の関係もあってすぐに体外受精をしたが、採卵できても着床が出来ない。また、胚盤胞まで育てて移植を試みようとしたが途中で分割が止まってしまうとのこと。冷え性もあったため、漢方薬を試してみようと来局された。

体質は、冷え性以外特に大きな問題はない。大便2日に1回。小水も普通。少し疲れやすいようで、運動が苦手で体力はないほうだという。食欲はあり、朝もご飯を食べている。

漢方薬の当帰建中湯を処方。運動を毎日欠かさないようにお伝えした。それから毎日、なわとび日に1000回。移動も出来るときは歩くようにしたという。3ヵ月後に採卵。2個採れ1つが胚盤胞に。その2ヶ月後に移植すると、初めて陽性反応が出た。漢方薬を芎帰膠艾湯に代えると、そのまま順調に育ち、無事ご出産された。

この方の場合、もともとの体力不足もあり、当帰建中湯でお腹に力を付け、運動を頑張ってもらった。運動は身体の新陳代謝を高め、身体を若返らせる。芎帰膠艾湯は、血の不足を補い、流産を防止し、胎児の成長を促す働きがある。