西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

今月のおめでた(29歳女性~前置胎盤~)

2012年08月19日

漢方薬を2年間服用し、赤ちゃんを授かった女性。妊娠してからは漢方薬を止めていたが、妊娠5ヶ月の検診で、胎盤が下がっている(前置胎盤)と診断され、早産の危険もあるから様子をみましょうと医師から言われ、何か良い漢方薬はありませんかと来局された。

症状は、軽い腹痛とお腹の張りで出血はない。お腹を触ると冷たいという。

漢方薬の当帰芍薬散料(煎じ薬)を処方。飲み始めて1ヵ月後、お腹の冷えと痛みはなくなったという。さらに1ヵ月後、検診で胎盤の位置が正常になっているとのこと。そのまま当帰芍薬散料を服用され、無事にご出産された。