西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今年の「おけら(蒼朮)」の花も終わりました。寒い冬は、かれながらも新芽が出る春までこの体勢で立ち続けます。蒼朮は胃によく働きます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

今月のおめでた(男性不妊)

2015年03月12日

45歳の男性。結婚して8年になるが赤ちゃんを授からない。奥様は病院の検査で異常がなく、ご主人様が精子検査をしたところ、精子数4500万/ml、運動率15%と低めで顕微授精を勧められたといいます。夫婦で話し合った結果、自然妊娠を考えようとご相談に見えられました。

身長174cm、体重80kgとやや太めで、体格は良く、以前にはスポーツをしていたようですが、現在はデスクワークで運動不足といいます。肩こり、腰痛、疲れやすさがあります。ときどきじんましんもできます。

漢方薬は大柴胡湯(煎じ薬)と腎気丸(丸薬)を調合。飲み始めて疲れやすさ、じんましんが改善。精力も良くなっているといいます。漢方薬を継続すること約10か月、無事に自然妊娠されました。