西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今年も大きな房をつけました。牡丹の種がぎっしりこの中に入っています。牡丹は根から増えますので種は撒いたことがありません。撒いてみたい方がありましたら差し上げます。ご連絡下さい。


むつごろう新聞

トピックス情報

今年最後の駿府城外堀薬草園の芍薬の花です。静岡では牡丹の後に芍薬が咲きます。これから夏に向けて根っこが成長していきます。一年後をお楽しみに。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

今月のおめでた(子宮腺筋症を乗り越えて‥35歳女性)

2018年12月14日

お子様を考えて、3年。タイミング法、人工授精となかなか結果が出なく体外受精も視野に入れながらのご来店。4㎝の瘤状の子宮腺筋症があると病院にて診断されていました。本人の焦る気持ちとは裏腹に、体温は安定しない状態で、自覚症状は、肩こり、足先の冷え、首肩の凝り、腰痛、生理痛が酷く、鎮痛剤は1-2日は必ず服用されていました。帯下も多く、煎じ薬の桂枝茯苓丸加ヨクイニンを2か月服用頂きました。多少痛みはよい感じでしたが、後は全く変化がありませんでした。

 再度、ご様子個確認し、唇の乾燥、掌のほてり、冷えのぼせ、帯下などを「証」中心に考えて、陰性お血の漢方薬、温経湯を服用していただき30日ご妊娠のお知らせを頂きました。その後、腺筋症を乗り越えて、妊娠継続中、頑張っておられます。