西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

朝の薬草畑は、とても気持ちが良いです。元気が出てくるのは土に触っているからでしょうか。

まだ当帰の芽は出てきません。


むつごろう新聞

トピックス情報

毎年、東邦大学薬学部小池教授から、ぼたんを頂きます。この牡丹は7-8年物になりますが、毎年色鮮やかな花を咲かせます。とても良い香りで店先が包まれます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

今月おめでた(H22年2月11日)

2010年02月11日

38歳女性 身長163cm体重54kg 

今までに3回自然妊娠したが、いずれも流産。2回目と3回目の妊娠のときは心拍も確認できていた。その後、不妊治療を開始し、体外受精を5回行ったが、一度妊娠してまた流産した。

体質は、冷え性寒がりで、お腹も触ると冷たいという。大便は3~4日に1回、小便は日に~10回くらい。顔や足がむくみやすく、天気が悪いと頭痛がする。また、いらいら感があり、目の下にはくまがあって顔色は良くない。

この方には、まず始めに、いらいらを和らげ、流産による”お血(古血のとどこおり)”を取り除く加味逍遥散(かみしょうようさん)をお出しした。すると、飲み始めてすぐにイライラが和らぎ、大便の出が良くなってきた。また、3ヶ月がたった頃から、顔色も良くなり、目の下のくまも薄くなってきた。その後、体外受精をされるということだったので、流産防止の当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)をお出しした。

その後、体外受精はうまく受精したため、当帰芍薬散を飲み続けていただいたところ、流産することなく、無事出産することができた。