西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

不妊症歴3年 36歳 女性 身長145㎝ 体重40kg

2019年04月03日

付随症状: 生理不順 多囊胞性卵巣(右) 高プロラクチン血症 

体質: 中肉中背、イライラしやすい、人に気を使う、顔色は色白、手足の冷え、ややのぼせ、疲れやすい、足のむくみ、大便1日1回で下痢しやすい、低血圧、めまい、小児期乗り物酔いあり、唇の乾燥、肩凝り、胸焼け、胃痛、腹痛、お腹の張り、皮膚は乾燥気味、生理不順で生理が遅れやすい、甘いものが大好き、飲酒は、週3回、朝食はパン食、睡眠時間6時間、運動は特になし

舌診:湿潤やや微白苔、舌深静脈やや怒張

既往歴: 膵炎 接触性皮膚炎

家族歴:糖尿病

経過

自家製煎じ薬を14日服用で腕、背中、足、お腹に湿疹ができる。冷えと下痢はよい。30日服用湿疹が治まり自然妊娠。無事ご出産。

産後4ヶ月にまぶた、頬、首の湿疹を訴えご来店。甘いものは食べている。授乳中。産後の体力低下も考え帰耆建中湯を30日処方する。湿疹は変わらず、温経湯に変更。皮膚は改善され、第二子の準備に入る。断乳も少し遅れ、自家製煎じ薬服用6ヶ月後妊娠。残念なことに5週で流産。腰から首にかけての全身の凝り、むくみ、目の疲れからの頭痛、声のかすれ、生理は35日。当帰芍薬散料に変更。味が合わず飲めない。小便の量が減り、背中が凝り、頭痛がひどい。再び自家製煎じ薬に戻す。4ヵ月後自然妊娠。安定期に入る。