西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

お子様を考えて2年間・・・36才女性

2018年02月19日

体が疲れやすく、精神的にも疲れてしまって気分の落ち込みが激しい方でした。そのほかは腰痛、肩こり、首の凝りがひどく、唇が渇きやすく、花時を出しやすい、息切れする、緊張すると腹痛になることがありました。手足が冷えて、生理痛がありました。

小建中湯という漢方薬をのんで頂き、1か月でご妊娠されました。

この漢方薬は、お腹を柔らかくしたり、緊張をとってお腹の緊張をとっていきます。とてもよく効きました。

漢方薬は、「証」が合えば、とても早く変化をさせます。また、できましたらこの方のように煎じ薬が良く結果を出してくれると思います。大変ですが是非、粉薬ではなく煎じ薬に挑戦してみてください。