西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

この時期、黄金の薬草がそびえ立ちます。これは、おけら(蒼朮)です。春が来るまで枯れても堂々と立っています。この強さが人間の体の胃腸や、水毒を救います。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

花粉症と漢方薬その2

2018年03月16日

花粉症は水毒(すいどく)から起こる

 漢方ではこのように考えます。水毒というのは、東洋医学特有な考え方で体の中に余分な水が溢れて、病気を起こす現象です。花粉症では特に鼻の粘膜の辺りに汚れた水が溜まり症状が出ると考えます。その汚水を「桂(けい)枝(し)と麻(ま)黄(おう)」という生薬を使って汗として発汗させたり、「甘(かん)草(ぞう)と乾姜(かんきょう)」を使って利尿に導き、鼻水、鼻づまり、咳を軽減させます。この方法を表裏(ひょうり)双解(そうかい)の法と言います。この治療のメカニズムを使ったものが有名な「小青竜湯」という漢方薬です。ただ、最近では、体が冷えている方が多く、余分な水が凍りついているような状態です。まず体を温めてあげないと氷は溶けて外に出ていきません。最近では体を温めて症状を改善していく「麻黄附子細辛湯」という漢方薬の出番が多くなりました。また、凍らないまでも新陳代謝が悪くまったりしている状態では、苓甘姜味辛夏仁湯がよく使われる場合があります。この漢方薬は胃腸機能が悪い方でも負担がありません。

 

気管のむくみは「杏仁」におまかせ

 杏仁(あんにん)と書いて、漢方では「きょうにん」と呼びます。あんにんは、中華料理の美味しいデザートですが、漢方薬では咳をとめ痰を除きます。気管にたまる水毒を除く事がその理由です。煎じ薬の小青竜湯に杏仁を入れた小青竜湯合麻杏甘石湯や、苓甘姜味辛夏仁湯は、くしゃみ、鼻水に加えて咳、痰を取り除き呼吸を楽にしてくれます。加えて、気管の表面を潤して痰の滑りをよくし排出しやすくします。また杏仁は、麻(ま)黄(おう)や茯苓(ぶくりょう)といった生薬と仲が良く、相乗効果で力を発揮します。

花粉症の黒幕は免疫バランスにあり

  免疫バランスが悪いと言われても・・・・困ってしまいます。どうしたら免疫が正常に働いてくれるのでしょうか。寝不足が悪い?お酒の飲み過ぎ?それともストレス?全てが正解ですが、なかなか止められません。そこで免疫と密接な関係がある腸内環境をよくしてあげる方法があります。漢方薬では、小建中湯、人参湯、茯苓飲などがそれに当たります。食べ物では、善玉腸内細菌を増やす為に味噌、漬物、納豆など発酵食品を食べてみてはいかがでしょうか。また、お店には西焼津クリニックの医師が作られた整腸剤がありますので参考までに。民間療法では、一位(いちい)というお茶があります。別名を紅(こう)豆(とう)杉(すぎ)と言い、異常な免疫の働きを抑えてくれると言われています。ただ、時間がかかる場合もありますし、合う方法は人それぞれ違います。ご興味がある方は一度ご相談下さい。

 そうそう、この時期は甘いものを減らすことも忘れずに。