西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

 皆様、新年はいかがお過ごしでしょうか。この薬樹は10年前に植えた山茱萸の木です。これからとても鮮やかの黄色の花を咲かせます。山茱萸は実を使い、滋養強壮剤として使われますが、下半身を強くし、膝腰を温め、痛み、耳なり、耳が聞こえにくい方にも使われます。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

砂糖顔、肉顔、果物顔 ・・・その2

2017年11月01日

 漢方には四つの診断方法があります。見ること、音を聞くこと、質問すること、触って判断する(脈やお腹)ことです。専門的には「望(ぼう)・聞(ぶん)・問(もん)・切(せつ)」と言います。この中で一番大切なのが、「望(見て判断すること)」です。漢方の大家は、病気の反応が体表面に現れることをよく知っていたのです。例えば、胃に熱があると(胃の炎症)口内炎や口臭となって現れたり、子宮が冷えていると帯下がたくさん出たり、胃の働きが悪いと唾液がたくさん出たり、などです。

 また、驚くべきことに、食べ物の反応が顔に出てくることを、師の師匠である小倉重成医師が話していましたので、ここにご紹介させて頂きます。

 

砂糖顔・・・Ⅰ期は、皮膚がカサカサ乾燥して、女性は化粧ののりが悪く、白粉が浮きやすい。

        Ⅱ期はメラニンが地図状や点状に沈着し、肝斑が見られる。

      Ⅱ期はその中間。

      また、咀嚼玩味(よくしっかりかんで食べる)しないと、皮膚があ

                         れて艶がなくなる。

 

肉顔・・・・Ⅰ期は、顔が赤茶けてくる。

      Ⅱ期は、テラテラと光り色素沈着が始まり、にきびが多く頰に血の

                        通わぬ細絡が紫赤色に浮き出ることがある。

       Ⅲ期は、油ぎってドス黒く、肝臓に負担がかかり肝斑が顔一面に広

                         がる。

果物顔・・・青白い、幾分黄ばんだ蝋人形のごとく透き通るような冷えっぽい顔

                         つきが果物顔である。Ⅲ期にもなると、氷の中から抜け出してきた

                        ようで寒々しい顔つきになる。

 

 獣肉を食べ過ぎると、血液がドロドロしてきて肝臓に負担がかかり、瘀血(古血の滞り)がお腹のあたりに溜まってきます。顔色が悪くなり目の周りや歯茎が黒ずんでくるのは、瘀血がお腹の中にある証拠になります。青黄白色の顔色は、果物、青汁、アイスクリーム、ビール、ワイン、冷蔵庫食品の食べ過ぎから起こり、ストレス、運動不足、睡眠不足がそれに輪を掛け、果物顔を悪化させます。そして、今私たちが一番気を付けなければならないものは砂糖なのかもしれません。砂糖は癌細胞も一番欲しがるものですし、取りすぎはアレルギーを起こしやすくなります。そして注目しているのが、不妊症との関係です。貧血して蒼白い砂糖顔の方に使う当帰芍薬散は、不妊症によく使われる漢方薬のひとつです。また、肉顔の方には大黄牡丹皮湯、桃核承気湯、桂枝茯苓丸が使われます。

 果物顔は、小児期では小建中湯、青年期では柴胡桂枝乾姜湯、中年では当帰芍薬散加人参湯、老年では四逆湯が合う漢方医学的な体質に変化していきます。

 

 少年時代にアイスクリームを食べ過ぎたこの文書の著者は、そのツケがまわって今でも皮膚のかゆみに悩まされることがあります。自分の顔には自身は持てませんが、砂糖顔、肉顔、果物顔にならないよう、少しでも気を付けていきたいと思っています。皆様も参考にしてください。