西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今日の静岡は気温が下がり少し秋の気配が致します。畑の当帰はまだまだこれからも成長していきます。温暖化の影響か、今年も地上部が黄色くなるのは年を越しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

流石茶体験記

2019年03月01日

 

 ゴールデンウィークに愛知、岐阜に行ってきました。岐阜駅でさわやかウォーキングが近く開催されるということで、そのコースマップを参考にし、歩いてみました。金華山のロープウェイは1時間待ちだったので、「めい想の小径」から岐阜城を目指すことにしました。途中岩があるところもあり、くじけそうになりながらも無事到着しました。帰りはどの道が楽かを聞いて、七曲登山道にしました。レンタルの自転車を見かけていたので、岐阜公園のレンタサイクルポートに行ってみましたが、全て貸し出し中でした。とりあえず鵜飼観覧船のりばレンタサイクルポートに行ってみました。幸運なことに2台あり、借りることができました。
 長良橋を渡り、主人が行きたがっていた高橋尚子ロードに行ってみました。 まだ時間があったので、スマホのゲームの城攻めをすることにしました。スタンプラリーのようなもので、位置情報によりお城の近くまで行くとそのお城を攻略することができるというものです。どこで取れたかという口コミがあるので、岐阜大学の近くまで行くことにしました。途中何回もスマホ画面を押して、やっと攻略できた時は嬉しかったです。そして岐阜駅で自転車を返却しました。貸し出し場所と返却場所が違ってもいい、静岡市にもこのようなシステムがあるといいなと思いました。名古屋で新幹線にギリギリ間に合って乗ったところ、次は小田原というアナウンスが流れました。小田原駅でダッシュし、下りの新幹線に乗って静岡に着くことができました。
 その日の夜、主人がとてもおなかを痛がっていました。1年前と同じような痛みということでした。1年前、腹痛で病院に行って検査してもらったところ、尿管結石であることが分かりました。そのときは痛み止めの飲み薬と坐薬をもらい、むつごろう薬局にある流石茶を飲みました。久しぶりの長距離の自転車と金華山と階段を下りる時の刺激で、石が腎臓から移動したのでしょう。今回も少しの痛み止めと流石茶で無事排出できたようです。食事の時にはすごく水分を取るのに、こまめに水分を取らないので、今度こそこれから気をつけると思います。パンクしたままにしていた自転車を修理してもらったので、自転車のためにも、体のためにも、自転車に時々乗るようにするとのことです。

薬剤師・鍼灸師 谷津吉美