西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

二階堂東邦大学名誉教授から、なつめの実が届きました。国産の完全無農薬のなつめです。実は小さいのですがとても香りが強く美味しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

毒素を外に出せば元気になる

2017年09月15日

  犬が散歩の途中で草を食べて吐いている姿を見たことはありますか。これは、お腹の中の蛔虫を出そうとしているからです。漢方治療には6つのステージがあるのですが、第1ステージでは、発汗する漢方薬を使って毒素を汗として外へ出します。発熱時に汗が出ると熱が下がり体が楽になると言うことです。第2ステージでは涙として(感情を出してスッキリすると言う意味)、第3ステージでは下剤として外に出していく方法をとります。甘い漢方薬が多く登場する第4ステージでは、胃腸の働きをよくして体を温めて元気をつけて大便として毒を排泄させます。三千年前の治療法は実に明快ですね。野菜でも皮ごと食べると味は悪くなりますが、過剰な栄養分を外に出しやすくなります。その場合はできれば無農薬のものにこだわりたいものです。