西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

日曜日の朝は畑でゆっくり過ごします。身体の疲れが洗い流される感じです。畑はとても静かで鶯が鳴いています、当帰も順調に育っています。


むつごろう新聞

トピックス情報

毎年、東邦大学薬学部小池教授から、ぼたんを頂きます。この牡丹は7-8年物になりますが、毎年色鮮やかな花を咲かせます。とても良い香りで店先が包まれます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

押してダメなら、引いてみる  

2016年10月03日

 私は昨年の夏から右手のあれがひどくなり、特に薬指を中心に荒れています。肌荒れを目的に飲んでいるのではないのですが漢方を飲んでいてもよくならず、肌荒れの相談の時に隠したいほどです。右利きで生薬をよく触ることも原因だと思いますが、冬にはよくなるので、水道水の塩素が主な原因なのではと思っていました。しかし塩素を除くシャワーヘッドをしても、シャワーのお湯に浴びると悪化します。新聞を書くにあたりいろいろ考えていて、薬指の小指側の爪の際にある「関衝(かんしょう)」というツボから手の少陽三焦経始まるので、私の右腕にあるへこみが原因なのではないだろうかと思うようになりました。小さい頃に注射のあとよく揉まなかったせいなのか、右腕の三角筋の下が触るとすぐ骨というくらいへこんでいます。ツボがないところなのですが、手の少陽三焦経の「臑会(じゅえ)」というところの下くらいからです。一番へこんでいるところに円皮鍼を貼ってみました。円皮鍼は、丸い小さな絆創膏の真ん中から小さな鍼が出ているものです。夜に貼ったところ、次の日のお昼ころには少しふっくらとしていましたが、手荒れには残念ながらすぐには変化が見られませんでした。温まるとよくないので、冷感の手袋を探し買ってみました。期待通りかゆみが楽になります。しばらく手袋をつけて仕事をすることをお許しください。  「臑会」の作用は清欝熱、通経絡、利関節で、一般的には肩や腕の痛みに使います。肩の腫れや首のこぶといったリンパ節の腫れ、甲状腺腫にも効果があるようです。私の場合も「臑会」貼れば効果があったかもしれないです。ツボは一般的には押すことが多いのですが、引っ張るというのもいいです。三角筋は硬くなっている方が多いので、手の平全体でつかんでじっとしていると緩んできます。そのあと、「臑会」を押すとよいでしょう。寝たきりなどでだんだん筋肉がなくなってきた場合なども経絡にそって皮膚をつまんでいくと、少しふっくらとして経絡の流れがよくなります。

 

「臑会」腕を水平に持ち上げ、肩関節の前後に現れる凹みのうち、後ろの凹みから肘頭に向かって指4本のところ。