西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

日曜日の朝は畑でゆっくり過ごします。身体の疲れが洗い流される感じです。畑はとても静かで鶯が鳴いています、当帰も順調に育っています。


むつごろう新聞

トピックス情報

毎年、東邦大学薬学部小池教授から、ぼたんを頂きます。この牡丹は7-8年物になりますが、毎年色鮮やかな花を咲かせます。とても良い香りで店先が包まれます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

リセット

2015年12月03日

 とうとう今年もあと2ヶ月になり、この1年何をしてきたのか時間の早さに驚くばかりです。  働く主婦としては、汚れた我が家を見回し反省しながらも年末の大掃除を考え始めます。 大掃除をして新年を迎えるのは、大変な行事ではありますが気持ちの良いものでもあります。 どこかでリセットしないと、家の中が大変な事になってしまいます。  なので、ぐーたら主婦でもできるだけ暖かい日を狙って掃除の計画を実行に移していく次第です。  ところで、自分の体のリセットはいつでしょう? リセットしないまま過ごしていくと年々疲れやすくなったり、風邪をひきやすかったり、太ってしまったりと不具合が生じます。  健康診断の前に慌てて節制する場合もあります。 でも、この様な事で帳尻を合わせても意味がありません。  何が自分の体調を悪くしているのか?  私をはじめ多くの人は、過食とストレスです。  適度なストレスは良い刺激になりますが、現代人はストレスに弱く自分を傷つけてしまいがちです。 悪い事にストレスを抱えている人は、自分にストレスがある事に気づいていないケースが多いのです。 専業主婦だって、学生だってストレスはあります。  最近よく眠れていますか? 若い人ほど睡眠が必要ですが、無理がきくので寝ずに遊んでしまいます。 40~60代で6時間の睡眠が必要と言われています。  寝ている間に体をリセットしますから大切です。  考え事が多く眠れない人には抑肝散(加陳皮半夏)が効きます。  睡眠時間は足りているのに疲れやすい場合は、血液の流れが悪くなっている事があります。 ストレスの多い環境では、血管が緊張して血液の流れを悪くします。   もし、口内炎やめまい、肋骨の下あたりに圧痛があれば柴胡桂枝湯が体の調子を整えてくれます。 私も、疲れると口内炎ができやすく愛用しています。  胃腸が弱く便秘や下痢をおこしやすく、手足に汗をかきやすい人には建中湯(いくつか種類あり)。  夜間のトイレに起きたり、下半身が冷えやすい人には八味地黄丸がよく効きます。  むつごろうでは、煎じ薬と共に粉薬も作っています。 乳鉢は、すり鉢の凹凸がないものににていますが、それを使って生薬の粉を混ぜ合わせます。  病院でもらう漢方は顆粒なので、比べると飲みにくい薬ですが、その分効果は高いものです。 お湯に溶かして飲むと、多少飲みやすくなります。 現在苦労している様でしたら、是非試してみてください。    この時期はやることが多く時間に追われてしまいますが、自分に目を向ける余裕が欲しいですね。

 

とうとう今年もあと2ヶ月になり、この1年何をしてきたのか時間の早さに驚くばかりです。  働く主婦としては、汚れた我が家を見回し反省しながらも年末の大掃除を考え始めます。 大掃除をして新年を迎えるのは、大変な行事ではありますが気持ちの良いものでもあります。 どこかでリセットしないと、家の中が大変な事になってしまいます。  なので、ぐーたら主婦でもできるだけ暖かい日を狙って掃除の計画を実行に移していく次第です。  ところで、自分の体のリセットはいつでしょう? リセットしないまま過ごしていくと年々疲れやすくなったり、風邪をひきやすかったり、太ってしまったりと不具合が生じます。  健康診断の前に慌てて節制する場合もあります。 でも、この様な事で帳尻を合わせても意味がありません。  何が自分の体調を悪くしているのか?  私をはじめ多くの人は、過食とストレスです。  適度なストレスは良い刺激になりますが、現代人はストレスに弱く自分を傷つけてしまいがちです。 悪い事にストレスを抱えている人は、自分にストレスがある事に気づいていないケースが多いのです。 専業主婦だって、学生だってストレスはあります。  最近よく眠れていますか? 若い人ほど睡眠が必要ですが、無理がきくので寝ずに遊んでしまいます。 40~60代で6時間の睡眠が必要と言われています。  寝ている間に体をリセットしますから大切です。  考え事が多く眠れない人には抑肝散(加陳皮半夏)が効きます。  睡眠時間は足りているのに疲れやすい場合は、血液の流れが悪くなっている事があります。 ストレスの多い環境では、血管が緊張して血液の流れを悪くします。   もし、口内炎やめまい、肋骨の下あたりに圧痛があれば柴胡桂枝湯が体の調子を整えてくれます。 私も、疲れると口内炎ができやすく愛用しています。  胃腸が弱く便秘や下痢をおこしやすく、手足に汗をかきやすい人には建中湯(いくつか種類あり)。夜間のトイレに起きたり、下半身が冷えやすい人には八味地黄丸がよく効きます。  むつごろうでは、煎じ薬と共に粉薬も作っています。 乳鉢は、すり鉢の凹凸がないものににていますが、それを使って生薬の粉を混ぜ合わせます。  病院でもらう漢方は顆粒なので、比べると飲みにくい薬ですが、その分効果は高いものです。 お湯に溶かして飲むと、多少飲みやすくなります。 現在苦労している様でしたら、是非試してみてください。この時期はやることが多く時間に追われてしまいますが、自分に目を向ける余裕が欲しいですね。